偏愛の輪舞曲 GRANRODEO 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

GRANRODEO
公式サイト
偏愛の輪舞曲  ♪  GRANRODEO
作詞 : 谷山紀章
作曲 : 飯塚昌明

見える愛の種類は果てなく
孤独とひきかえに染まる lie
色採々の音をつらぬいて
身体が放つ美味なる温度

たまに溢れるくせに迷って
見つけた新しさに頼って
夜の訪れを待つ花のように
光を畏れてる

回れ消えゆくまで
その身を焦がす全てさらけ出せ
しなやかに
雫は見つめる

愛を聴かせる為の言葉を知ってるのに
愛を語る為の言葉はない
泣き濡れて震えたって
はるか遠い素顔は
恋い焦がれる温もりのストーリー
その耳に残るのは偏愛の輪舞曲(ロンド)

苦悩に導かれた欠片は
無数の塊に零れて

心は儚く見える光の
忠実な共鳴板

灯せまどろむまで甘やかな手触りで
熱冷めぬなら踊れ
シルエットは揺れる

仮初めの楽園を魅せる術はあるのに
その場所へ行くチケットがない
幻を掴み取って
それも真実と泣いて
偏ったこの想いの比重は
悲しみを増していくだけなのか

舞い散る花びらに儚い想い馳せても
舞う花は感じはしないだろう
抱きしめて震えたって
人並みな秘め事
罪なきありきたりなストーリー

愛を聴かせる為の言葉を知ってるのに
愛を語る為の言葉はない
泣き濡れて震えたって
はるか遠い素顔は
恋い焦がれる温もりのストーリー
罪なきありきたりなストーリー
その耳に残るのは偏愛の輪舞曲(ロンド)


ミニ情報
アニメ「カーニヴァル」オープニングテーマ
アルバム「カルマとラビリンス」収録曲
アルバム「DECADE OF GR」収録曲
GRANRODEOの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
GRANRODEO「偏愛の輪舞曲」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ