紅の女神 - 遊助の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

遊助
公式サイト
紅の女神  ♪  遊助
作詞 : 遊助
作曲 : 時森和之

搾りたての太陽が 広い海に広がるよ
砂浜に佇んだ女神
裸足のままで空を つむじ風のように舞うよ
紅雲 僕を包みながら

昔から伝わる話 若い一人の青年が
暗い顔をして歩く道 先に見えた海に嘆いた

僕には足りない物が 沢山あり過ぎて ただなんとなく生きているから
最後に残ったプライド 負けたくないこの想いと 貝殻に詰めて投げ入れたら

搾りたての太陽が 広い海に広がるよ
砂浜に佇んだ女神
裸足のままで空を つむじ風のように舞うよ
紅雲 僕を包みながら

その後 青年は名を聞いた 長い髪をゆらし微笑んで
「あなたにとってのプライドは あなたにしか分らないもの」

人は勝ち負けじゃないと 僕育てられてきたけど 勝たなきゃいけない事あり過ぎて
何がウソで何が本当か 目の前に出てくる矛盾 砂嵐と共に綺麗になれ

搾りたての太陽が 広い海から逃げるよ
砂浜に消えてゆく女神
裸足のままで空を つむじ風のように舞うよ
紅雲 僕に笑いながら

この世に生まれた意味も 足りないと嘆く日々も
砂浜に吸い込まれてゆく
裸足のままで心 叫ぶだけでそよぐ風
紺碧に 翼広げて

搾りたての太陽も 広い海が生む波も
砂浜の足跡と共に
訪れて去る女神 こんな僕にも笑うの?
紅雲 僕を照らしながら


ミニ情報
愛眼「メガネの愛眼」CMソング
アルバム「あの‥出会っちゃってるんですケド。」収録曲
遊助の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
紅の女神/遊助の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ