水無月 遊助 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

遊助
公式サイト
水無月  ♪  遊助
作詞 : 遊助
作曲 : 遊助・N.O.B.B

丘を越えて 海を眺めてみたんだ 晴れた日に
そよ風が僕を すり抜けて山へと
春の声がやがて 遠くへと旅立ち 音色に
水無月の香りが 東から微笑む

忘れたくて 忘れられた
無くしたくて 背負わされた
何もかも 涙と流して
壊れかけて 探し出した
怖くなって 投げ出してた
誰も気付かれない この声 遠く遠く

人よ 言葉で傷つけたりしないで
深く癒せる 大きな海のように
卯月の赤子 波音に学び知る
受け入れる強さ 感じる優しさ

遥か先に見える森も やがて茜に変わる
地平線は水面 真っすぐ迷わず
山はいずれ消えて 夜空が寄り添い舞う 慕情
水無月の雨さえ 大地降り奏でる

見つけたくて 見失った
欲しくなって 諦めてた
何もかも 涙と流して
立ち尽くして 疲れ果てた
信じないで 疑ってた
誰も気付かれない この声 遠く遠く

音よ 言葉で温めて心まで
遠く見守る 優しい森のように
卯月の赤子 山々に学び聞く
冷めて見る弱さ 無力に嘆く希望

弱い自分が嫌いで 逃げ出したいくらい 長いLife
奪い合いの 果てない欲望が辛いが 本当の愛に出会い
笑い分け合い 未来は光って 意外に狭い世界じゃない?
大地抱かれ 世代かわり 問題をあがいて 僕らの時代

人よ いつまでも傷つけたりしないで
深い愛を 知るあなたのように
山も海も空も 風も雲や音も
抱きしめてくれる 大きな愛で


ミニ情報
アルバム「あの‥出会っちゃってるんですケド。」収録曲
遊助の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
遊助「水無月」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ