告っchao! - ゴールデンボンバーの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ゴールデンボンバー
公式サイト
告っchao!  ♪  ゴールデンボンバー
作詞 : 鬼龍院翔
作曲 : 鬼龍院翔

アッという間に熱上げて2年振りの恋愛が始まり
何と言えば良いだろって告白の言葉組み立てる
考えてもわからなくてストレートが一番とうなずく
明日の授業その後に君と僕の友情は壊れる

一つ「君はタイプである、よって僕と付き合うがいい!」
一つ「君は太陽である、よって僕を照らし続けるがいい!」
一つ「君の瞳だけが、僕の胸を締め付けるである!」
一つ「君が大好きである!」
ああああああぁ

暗い顔見せられないけど不安が胸を駆け巡るよ
愛してるなんて言えないけど伝えたい事が伝わる様

アッという間に明日が来て寝不足のまま授業に出かける
教室で君を見て心臓がシャツを打ち付ける
いつもより輝いて見える君に決心も薄らぐ
授業終わり息巻いて
歩き出す君を呼び止める

一つ「君はタイプである、よって僕と付き合うがいい!」
一つ「君はヴィーナスである、よって僕を救うがいい!」
一つ「君の事想うと切なくて仕方無いのである!」
一つ「君が大好きである!」
ああああああぁ

うまいこと言えないんだけど君の事好きだって事を
伝えたいから呼び止めたの
素直な声は胸の中だけど

あぁ君に触れてたいよ他の誰にも譲れないよ
愛してるかもしれないけどそれよりもただ君と居たい


ミニ情報
アルバム「Brassiere」収録曲
ゴールデンボンバーの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
告っchao!/ゴールデンボンバーの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ