砂時計 - In 197666の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

砂時計  ♪  In 197666
作詞 : 西勇輔
作曲 : In 197666

砂時計を何も無い床に置いて考える
(孤独を模した3分間)
流れ落ちる砂の音がやけに耳に付く
(鼓膜揺らす 深く伝う)

「She's gone...She's gone...」
繰り返すばかりの台詞はもう

時間がもう無いや
少しで良い
Babe, give me a time that I think it.
流れ落ちる砂の音が
途切れてしまうその前に

孤独を模した3分間に僕は
何百通りの答えを求め
思考拒否の脳回路を奮い立たせ
正しさを求め続けていた
「サヨナラ」横倒しにして
時が 止まるのを待つ
逆さにすりゃ総て砂と共に
元に戻ると思ってたんだ

「She's gone...She's gone...」
止める事の出来ない警告音

時間がもう無いや
少しで良い
Babe, give me a time that I think it.
流れ落ちる砂の音が
途切れてしまうその前に

May I close my eyes?
I can not make that the answer like a perfect what I need.
時間がもう無いや
少しで良い
Babe, give me a time that I think it.
砂時計が示すのは
残り時間では無かった
どれだけの愛を見過ごして
しまっていたのかを
教えてくれていた


ミニ情報
アルバム「(NO) MY DESTINY」収録曲
アルバム「Firmament」収録曲
In 197666の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
砂時計/In 197666の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ