falls out In 197666 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

falls out  ♪  In 197666
作詞 : 西勇輔
作曲 : In 197666

記憶の中に囚われた
鏡姿足枷に
飾り付けた夢に縛って

綺麗な指でなぞる
冷たく重い鎖から
逃れようとするほど絡まる

ならばもう狂ったままの姿で良い
見つめる先に佇む姿を追い飛び立て

愛される事も
愛し抜く事さえも
出来ずに恐れるばかりか?
終幕の鐘が鳴り響くあの空へ
その美しい羽で羽ばたいて

追憶を重ねて
見失ったままの今を
果たして見つける事は出来るのか

ならば時とは失うばかりの物か?
手に入れた物全てに名を付ける事は出来ない

今別れを告げに
あの丘へ登る
引き摺ったままの鎖が
バラバラに千切れ
解き放たれる迄は
その美しい羽で羽ばたいて
超えて行ける


ミニ情報
アルバム「(NO) MY DESTINY」収録曲
In 197666の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
In 197666「falls out」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ