孤独の川 冠二郎 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

冠二郎
公式サイト
孤独の川  ♪  冠二郎
作詞 : 三浦康照
作曲 : 小野彩

友と語らん 春の宵
時代(とき)を忘れて 飲む酒に
酔っても空しさ 募るだけ
どこで死のうと 泣く奴ァいない
心を流れる 孤独の川は
男が選んだ いのちの川よ

愛し愛され お互いに
心を捧げて 儘(つく)しても
別れるさだめの 恋もある
星も見えない 夜空を仰ぎ
この身は孤独に 包まれながら
無情にひびくよ 梵鐘(ぼんしょう)だけが

山のわずかな 湧き水も
岩を噛むよな 激流も
いつかは大きな 川となる
人も同じさ 巷の渦に
もまれて苦しみ 孤独の影と
明日(あした)もこの世を 流れてゆくよ


冠二郎の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
冠二郎「孤独の川」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ