新しい世界の歌 花澤香菜 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

花澤香菜
公式サイト
新しい世界の歌  ♪  花澤香菜
作詞 : 沖井礼二
作曲 : 沖井礼二

いつもと同じはずの バス通りと
少し大きくなってた子犬の あくび

踏切に佇んで 待つ人たち
流れる朝の中に 私はひとり浮かぶ

滲む空を見つめて祈る あなたに笑顔が絶えぬように
叶えてくれない神様ならいらない

波にさらわれてく思い出 色褪せて消えてく似顔絵
見知らぬ顔の世界で私は生きてゆくの

走り抜けてゆく風 遠い昨日
いつか見えなくなれば もうすぐ冬が包む

二人で見上げたあの空も 手に残るこのぬくもりも
時間と言う名の天使が連れ去ってく

思い出せなくなるメロディ かすれて消えてゆく口笛
見知らぬ顔の世界に私は溶けてゆくの

金色に光舞う 銀杏並木
聞く度に吹き出した 愛しいくしゃみ

走り抜けてゆく風 遠い日々も
いつか見えなくなれば もうすぐ微笑む 朝が


ミニ情報
アルバム「claire」収録曲
花澤香菜の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
花澤香菜「新しい世界の歌」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ