白い空 - GARNET CROWの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

GARNET CROW
公式サイト
白い空  ♪  GARNET CROW
作詞 : AZUKI 七
作曲 : 中村由利

空振りしたラストゲームみたいに揺らいだ
東の空昇り行く太陽
大切なものを守る力が欲しいと願ってた

いつかきっと伝わる 信じる思いだいて
そっと歴史の波にのまれるように乗り込んだ

誰のものでもないこの空で 繰り返す叫びが海を裂くよう
雨音さえも手繰り寄せては その自由さに思いを馳せる
祈る月夜の無常が照らす風の便りに耳を澄ます
あきらめの裏流れる涙 結ぶ命よあれと... 永久にあれ...

白い空に赤く燃ゆるように太陽 町中包んで いつか

会いに行くと交わした約束の灯をともした
ずっと先の未来は正しさの中笑えるよう

どうせ別れはつきまとうもの 背を向けるものも散りゆくなかで
雲の流れに心奪われ 我を忘れた短し一時(とき)
祈る月夜の無常が照らす風の便りに耳を澄ましたら
あきらめの裏流れる涙 結ぶ命よあれと... 永久にあれ...


ミニ情報
アルバム「Terminus」収録曲
GARNET CROWの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
白い空/GARNET CROWの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ