obbligato Kalafina 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Kalafina
公式サイト
obbligato  ♪  Kalafina
作詞 : 梶浦由記
作曲 : 梶浦由記

奇麗な感傷が
壊れた海に風を呼んでいる

静かに舞い落ちる
綿毛のように夜を埋めて行く

琥珀の波 錆びた小舟は
月の引力擦り抜けて行く
愛を囁く腕は白く
水の表に輝いていた

甘く canto lamento
眩しい夜の波紋の中で
繰り返す恋のうた
obbligato
寄り添いながら二つの声は
一つになれないまま

額に刻まれた印のように
細い手を取った

無数の感情が
音符のように胸を埋めて行く

生まれる前に消えて行くうた
閉じた瞼を慰めるもの
私のことを忘れずにいて
声もかたちも失くした後も

canto lamento
真珠のような吐息連ねた
満ち潮の首飾り
obbligato
寄せて離れて二人の声は
帰らぬ波のように


ミニ情報
アルバム「Consolation」収録曲
Kalafinaの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Kalafina「obbligato」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ