花火の夜 槇原敬之 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

槇原敬之
公式サイト
花火の夜  ♪  槇原敬之
作詞 : 槇原敬之
作曲 : 槇原敬之

夕立止んだ夜空はまるで
体育館の黒いビロード
今年もいろんな街から
集まってくる花火大会
どんな人でもこの場所で
笑顔になれる花火の夜を
とても好きだと言っていた
君を今も思い出すよ

花火と同じ色で
浮かんでは消える横顔
君と話したいろんな事は
夏の夜に消えずに残っている

雷じゃないよ 始まったんだ!
僕の手をつかんで走り出した
今遠くにいる君からも
この花火がみえればいいのに

なれない浴衣じゃ歩き辛いと
土手の石段に座り込むと
君のまねをして下駄を
脱いだ足を投げ出した
不良と決めつけていた事
僕にもあったと謝ったとき
今は違うと優しく言うから
痛みを知らない自分を責めた

“ずっとみんなが毎日
笑っていられればいいな”
何気なく言った君の言葉に
泣きそうになるのを我慢した

雷じゃないよ 始まったんだ!
僕の手をつかんで走り出した
今遠くにいる君からも
この花火がみえればいいのに

“ずっとみんなが毎日
笑っていられればいいな”
何気なく君が言った言葉が
今も祈りの様に響いてる

雷じゃないよ 始まったんだ!
僕の手をつかんで走り出した
今遠くにいる君からも
この花火がみえればいいのに


ミニ情報
アルバム「Believer」収録曲
槇原敬之「花火の夜」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
槇原敬之の人気曲 この歌手の人気曲一覧

チキンライス♪親孝行って何?って考える
超えろ。♪どこからか諦めの 言葉が聞こえてきても
ヨイトマケの唄♪"父ちゃんのためなら
不器用な青春時代♪買ったばかりのTシャツで
見上げてごらん夜の星を♪見上げてごらん夜の星を
カイト♪キャップの上からフードかぶり
Souvenir 〜思い出〜♪そう確かに日本人はちょっと
僕が一番欲しかったもの♪さっきとても素敵なものを
明けない夜が来ることはない♪窓に映るのは一つ 頬杖(ほおづえ)を付きながら
どんなときも。♪僕の背中は自分が 思うより正直かい?

槇原敬之の新曲 この歌手の新曲一覧

不器用な青春時代♪買ったばかりのTシャツで
Souvenir 〜思い出〜♪そう確かに日本人はちょっと
運命の人♪残念な事に君は 僕の友人に恋してて
テレビでも見ようよ♪居心地の良さもずっと
You are what you eat.♪好きな事をやっている
A HAPPY NEW YEAR♪A Happy New Year! 大好きなあなたの部屋まで
信じようが信じまいが♪自分が思うより言葉は
もしも♪もしも突然音楽が 聞こえない日が来ても
理由♪誰かの幸せが自分の 幸せなんだと思って
一歩一会♪いつもただ車に乗って

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ