ライオンとチョコレート VALSHE 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

VALSHE
公式サイト
ライオンとチョコレート  ♪  VALSHE
作詞 : VALSHE
作曲 : doriko

そこは冬の海 砂漠でもあった
例えるものさえ 見つけられずいた
ひとつの言葉が僕には見えない
心が擦れ合う 音を立てて

ねえ僕のアルカロイド 泣くように笑わないで
息を殺して見ないフリをしたのはなぜ?

you give me sweet & liar“チョコレート” 優しい嘘を飾って
「もっと近くに もっとちょうだい」なんて欲しがるから
身勝手なマリオネット いくつかの夢幻
こんなものだと言い捨てるよりずっとラクだった
だからこそ次の季節が終わるまでにその本心(こえ)を聞かせて

凍えた両手が タテガミを撫でた
辿りつく熱は同じはずなのに
ひとつの答えが僕には言えない
心が触れない 傍に居るのに

ねえ僕のアルカロイド 哀しみなど知らない
楽園で眠る君の邪魔をしたのはだれ?

you give me sweet & liar“チョコレート” いびつな嘘を許して
「もっと近くに もっとちょうだい …だって喜ぶから」
不自由なマリオネット 現まで連れ戻して
こんな馬鹿げた「芝居(ごっこ)」それでも幸せだった
だからこそ次の季節が終わるまでは夢から醒めないで

you give me sweet & liar“チョコレート” 優しい嘘を貪る
きっと必ず来る別れも覚悟してたのに ――

微睡みに消えた夢は甘い香りを残して
「どうしようもなく過ぎていった…それだけだった」
後悔の傍に寄り添う重ねた感情(きもち)は“愛”に似ていた


VALSHEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
VALSHE「ライオンとチョコレート」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ