憂忌世ぶし - 石川さゆりの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

憂忌世ぶし-石川さゆり
Jword 石川さゆり
公式サイト
憂忌世ぶし  ♪  石川さゆり
作詞 : 吉岡治
作曲 : 岡林信康

咲くも花なら 散るのも花よ
散った私が 馬鹿みただけで
涙ながした 十五の春の
キラリ光った 遠賀川

家出したのが そのすぐ後で
別に当てなど さらさらないが
どうせ貧乏で おやじは酒乱
母が泣くのが 可哀相

はじめ中洲で 茶店に勤め
金につられて キャバレー勤め
あれはヤクザと わかって惚れて
いつか売られて 汚されて

いいさ酒場の 酔いどれ草に
かけてくれるな なまじの情け
つくり話と きちがい水に
逃げてすがって 生きてゆく

その後はなしを 聞きたい方は
去年ムショから でてきたはずの
東京町田市 中村チヨが
一部始終を 聞かせましょう
一部始終を 聞かせましょう

涙流した 他人の不幸
酒の肴に 聞かせましょう
優しい言葉を 信じたことが
事の始まり 身の終わり

恨みつらみは 夢路の後よ
惚れた女が 馬鹿をみた
キラリ光った 刃物の先に
愛しいまことを 探してた
愛しいまことを 探してた


石川さゆりの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
春夏秋冬
ワインを選んで
百年の抱擁
一茶でがんばれ!
恋しゅうて
十六夜円舞曲
ちゃんと言わなきゃ愛さない
ニヒルに愛して
ラブ・スコール
MEMORY OF SMILE
憂忌世ぶし/石川さゆりの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ