Lonely Days ジャンク フジヤマ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Lonely Days  ♪  ジャンク フジヤマ
作詞 : 藤木直史
作曲 : 天野清継

窓にかかる雪の色と 君の言葉の意味を考えて
静かな夜に 目を閉じて

誰か僕の側にいるの? 聞こえる微かな衣擦れだけが
通り過ぎる影 君のように

向き合うことに臆病で 大切なことをおざなりで
今更なんて 言えるだろう

1人きりの朝をコーヒーで かき混ぜてもすぐに冷めてしまう
ため息一つだけ 角砂糖のように 溶ける

つもりはじめたその後で 足跡さえも消えてしまいそうで
唇噛んだ 別れの後

不器用なりに幸せに 生きてゆける気がしたよ 君の笑顔がそこにいれば

笑い合えた時間数えても 落ちるペンの行方なぞるだけ
握りしめたその手の 爪の痕 痛みだした

一人きりの朝をコーヒーで かき混ぜても すぐに冷めてしまう
ため息一つだけ 角砂糖のように 溶ける

窓にかかる雪の色と 君の言葉の意味を考えて
そんな Lonely Days Lonely Days


ミニ情報
アルバム「JUNK SCAPE」収録曲
ジャンク フジヤマの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ジャンク フジヤマ「Lonely Days」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ