風待ち食堂 船村徹 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

風待ち食堂  ♪  船村徹
作詞 : 新本創子
作曲 : 船村徹

人の世の坂 ころげ落ち
裏目裏目と 生きてきた
ふらり風待ち 港の食堂
熱い番茶を すすりながら
俺はお前を 目にとめた
いい女だと 焼きついた

ずっとここかと 聞いてみた
ずっと一人と 目を伏せた
北の風待ち 港の食堂
海が荒れたら 淋しだろうね
そっとかばって やりたくて
ジャンパーを脱ぎ 抱きしめた

所帯持つよな 柄じゃない
男のら犬 そんな俺
ふらり風待ち 港の食堂
ゴムをほどいた 長い髪の
熱い思い出 もらってく
やけに激しい 恋だった


ミニ情報
アルバム「船村 徹 〜歌は心でうたうもの〜」収録曲
船村徹の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
船村徹「風待ち食堂」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ