マッチ箱のよな駅 - 船村徹の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

マッチ箱のよな駅-船村徹
マッチ箱のよな駅  ♪  船村徹
作詞 : 田久保真見
作曲 : 船村徹

雪の原っぱに ぽつんとひとつ
マッチ箱のよな 駅だった
学生服着て 長ぐつで
近づくポッポ汽車 待っていた
今でも木枯らし 吹く夜は
お弁当の温もり 想い出す

鬼怒川(きぬ)の流れも やがては海へ
ひざを抱えては みつめてた
男は強くて 大きくて
泣いたら駄目だと 思ってた
ほんとは俺にも 母さんに
あまえて泣きたい 日もあった

胸の原っぱに まぶたの裏に
マッチ箱のよな 駅がある
そこから全てが はじまった
「生きる」という名の この旅路
あしたを信じて やれたのも
帰れる故郷が あったから


ミニ情報
アルバム「船村 徹 〜歌は心でうたうもの〜」収録曲
船村徹の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
のぞみ(希望)
冬知らず
宗谷岬
風待ち食堂
花ひばり
都の雨に
みだれ髪
マッチ箱のよな駅/船村徹の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ