Snowflake - KAT-TUN(中丸雄一)の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Snowflake  ♪  KAT-TUN(中丸雄一)
作詞 : 中丸雄一
作曲 : King of slick・Kiyohito Komatsu

いつだったかな? 白い息をはいて 手を繋ぎ合った
街の光が君の横顔で 僕からは美しく見えたよ

寒さなんて感じなかった
時が戻るなら 僕のせいだから 出会った時のように 素直に

この手から
溢れる君との綺麗な思い出が 砂のように落ちていく
そこにある お揃いの指輪はどうしよう 僕には捨てられない
踊り明かす夜の街を 無の世界をひたすら
溢れる君との思い出は そう 砂のように こぼれ落ちていく

いつの時だか 同じ毛布の中 未来を話した
いつもの癖で起きたら横には 君がいる気がするんだ 『さよなら』

この手から
溢れる君との綺麗な思い出が 砂のように落ちていく
そこにある お揃いの指輪はどうしよう 僕には捨てられない
このままずっと抱きしめたい このままずっと感じて
溢れる君との思い出は そう 砂のように こぼれ落ちていく

冬の季節のせいかな うたかたの夢なのかもしれない
それでも君を想うよ

この手から
溢れる君との綺麗な思い出が 砂のように落ちていく
そこにある お揃いの指輪はどうしよう 僕には捨てられない
踊り明かす夜の街を 無の世界をひたすら
溢れた君との思い出は そう 砂のように 積み上げていく


KAT-TUN(中丸雄一)の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
君のユメ ぼくのユメ
RAY
UNLOCK
GREATEST JOURNEY
HONESTY
JET
TRAGEDY
熱くなれ
FEATHERS
TWILIGHT
Snowflake/KAT-TUN(中丸雄一)の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ