多摩蘭坂 矢野顕子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

矢野顕子
公式サイト
多摩蘭坂  ♪  矢野顕子
作詞 : 忌野清志郎
作曲 : 忌野清志郎

夜に腰かけてた 中途半端な夢は
電話のベルで醒まされた
無口になったぼくは ふさわしく暮らしてる
言い忘れたことあるけれど

多摩蘭坂を登りきる手前の
坂の途中の家を借りて住んでる
だけど どうも苦手さ こんな夜は

お月様のぞいてる 君の口に似てる
キスしておくれよ 窓から

多摩蘭坂を登りきる手前の
坂の途中の家を借りて住んでる
だけど どうも苦手さ こんな季節は

お月様のぞいてる 君の口に似てる
キスしておくれよ 窓から


ミニ情報
アルバム「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」収録曲
矢野顕子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
矢野顕子「多摩蘭坂」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ