幻 - 東京女子流の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

東京女子流
公式サイト
 ♪  東京女子流
作詞 : Aya Harukazu
作曲 : √A (Vanir)

毎日 ただひたすらに
夢中で駆け抜けていくだけ
言い訳だとか 過ちだとか もう
今更 何を言っても関係ないから

突然 頬を濡らしていく雨
この街を 空を この胸を わたしを
映し出して 今 割れる水鏡

そっと 冷たく突き刺さる棘
きっと あの日に捨てた思い出
ずっと 忘れたフリしてたけど 蒔き散らかした過去が 今
そっと 感じてるキミの悲しみ
きっと 隠し続けてた涙
ふっと 真夜中 闇を裂くように 疼きだした 紅い傷

毎日 時はいたずらに
移ろって過ぎ去っていくだけ
運命も 秘密も すべて そう
今更 何を知っても関係ないから

突然 強く晴れ上がった空
どんな恋も 夢も 偽りも わたしも
照らしつけて 今 消える蜃気楼

ひとりきりの日々 震えてる体 凍える心
堕ちていく 熱いひと雫

もう一度 もう二度と もう一度 もう二度と…

そっと 優しく突き刺さる棘
きっと あの日に捨てた約束
ずっと 知らないフリしてたけど 蒔き散らかした過去が 今
そっと 信じてる本当の愛
きっと 探し続けていく明日
ふっと 真夜中 闇のその先に 浮かび上がる 紅い花


ミニ情報
アルバム「約束」収録曲
東京女子流の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
幻/東京女子流の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ