サイレン 野水いおり 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

野水いおり
公式サイト
サイレン  ♪  野水いおり
作詞 : 野水いおり
作曲 : 流歌

高く伸びたふたつの影たち
寄せて返す波のようにじゃれて

ふいに触れた指先 チョコレートみたく甘く苦いよ
遠く…海鳴りの音 私の奥にあるサイレン

青空、吸い込まれたら
こんな想いごと 連れ去ってよどうか
足もと、絡まる言葉
自由がきかなくて ただ黙って笑う
まだ言えないよ でも放せない 繋いだこの手

助走距離をうまく取れずに
跳べないまま ためらう毎日

聞いて 声にならない もどかしい喉を掻きむしっても
ひびく胸の鼓動は ふり向いた瞳に何を求める?

どしゃ降り、濡れる黒髪
いっそ脱ぎ捨てて シャツも靴も愛も
「好きだよ。」まっすぐな火が 試すように灯る
踏み込んだら 最後
でも知ってるんだ 始まってたこと 戻れないこと…

「私も。」震える声が
袖をつかんで 踏み込んだ刹那
どしゃ降り、姿隠して
こんな二人ごと 連れ去ってよ どうか
ねぇ知ってたんだ 始まってたこと アイシテルこと…


ミニ情報
アルバム「Hat Trick」収録曲
野水いおりの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
野水いおり「サイレン」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ