冬の唄 SHISHAMO 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

SHISHAMO
公式サイト
冬の唄  ♪  SHISHAMO
作詞 : 宮崎朝子
作曲 : 宮崎朝子

一体この先あとどれくらいそばにいれるんだろう
冷えた耳の奥 君の足音 まだそこにいるの?

歩幅もうまく合わないし
待ち合わせを決めるのにも時間がかかるし
意地を張ってばかりじゃどうにもならないの分かってるのに
どうしてかな うまくできない

この先地球がぐらついたって
君には死んでも嫌われたくない
なんでか分かるけど 言えないの

恋人にもなれてない君とのあれこれを考えるなんて
恥ずかしくって 情けないけど
次に君と二人になれたら言うって決めた言葉
「好きだよ ずっと一緒にいたいよ」
おちゃらけてしか言えないけどね

いつでもそばにはいれないし
そんなことちゃんと分かってるよ
だから…だから…
離れてる時も私のこと
少しくらいは思い出してくれるのなら嬉しいんだけど

君のいない冬の帰り道は
いつもより少し肌寒いから
だからもう少し そばにいよう

恋人にもなれてない君との二人でいれる時間は
君を好きな私にとっては一番大切なんだよ
だけど君にとっては退屈じゃないか考える
寂しい私 どうにかして

恋人にもなれてない君とのあれこれを考えるなんて
恥ずかしくって 情けないけど
次に君と二人になれたら言うって決めた言葉
「好きだよ ずっと一緒にいたいよ」
おちゃらけてしか言えないけどね


ミニ情報
アルバム「卒業制作」収録曲
SHISHAMOの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
SHISHAMO「冬の唄」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ