冬の遊歩道 GLAY 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

GLAY
公式サイト
冬の遊歩道  ♪  GLAY
作詞 : TAKURO
作曲 : TAKURO

「春が恋しい時は耳をすましてごらん
冬の声が微かに“またね”と告げている」

少し前のあのサヨナラに心は今も縛られている
夢は夢のまま日々は過ぎ去って足元から伝わり出すの雪のリグレット

本当の気持ち ずっと言えないまま
二人歩く冬の長い遊歩道
トキメキの裏で胸締め付ける切なさは
初めて知る大人びた恋 独り眠れない夜を過ごし
失ってみてからの方が貴方の顔の翳(かげ)りに気づくなんて

「冬はいつもの様にただそこに在るだけ
慰めなんてしないただそこに在るだけ」

どうか許してこの想いを死なせて

震えてる心 今も動けなくて
早く夜よあふれる涙を凍らせて
行きずりの恋とどこが違うのか判るまで
雪の華を眺めながら貴方の声をあの温もりを
忘れたくて忘れさせて 街は蒼く誰も無口で
たかが恋...されど恋... 惨めに呟く愚か者ゆえ
失ってみてからの方が貴方の愛の深さに気づくなんて

「春はいつもの様に微笑んでいるだけ」


ミニ情報
アルバム「GUILTY」収録曲
GLAYの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
GLAY「冬の遊歩道」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ