輪舞曲 小林太郎 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

小林太郎
公式サイト
輪舞曲  ♪  小林太郎
作詞 : 小林太郎
作曲 : 小林太郎

あなた方 今し方 生まれてきた者なのだ
何故 その身を飾るというのか
終いには 話し方 何様のつもりなのか
聞く耳を持たない劣等よ

また誰か他人を妬んで恨んで
与えられた身に穴を空けるのか
自らを見つめる眼を開けよ

仇から 賽は投げられた
稚拙な無理問答 そんな輪舞曲を
楽しんだ舞台は幕を下ろした
今から その眼を開けよ
心を捨て去った 忘れ去った
その罪を贖う道を歩め

あなた方 今し方 雨に耐えここまで来た
折れぬ強さを持つ鶏口よ

また自らを蔑んで貶して
与えられた身に穴を空けるのか
行く末を見つめる眼を開けよ

仇から 賽は投げられた
稚拙な無理問答 そんな輪舞曲を
楽しんだ舞台は幕を下ろした
今から その眼を開けよ
心を捨て去った 忘れ去った
その罪を贖う道を歩め

いざ、仇 ついに刻は来た
溢れ出した衝動 威風堂々としたその身が
何より虚を照らした
今から その眼を開けよ
邪を捨て去った 忘れ去った
新しい道程を歩むとき


ミニ情報
アルバム「tremolo」収録曲
小林太郎の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
小林太郎「輪舞曲」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ