ひとり止り木 北野まち子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

北野まち子
公式サイト
ひとり止り木  ♪  北野まち子
作詞 : 麻こよみ
作曲 : 徳久広司

思い出酒場の 止り木で
今夜もひとりで 飲んでます
お店の灯りも 小さな椅子も
変わらぬままです あの頃と
別れて何年 過ぎたでしょうか
心に風が 吹いたままです

わがまま言っては 困らせた
悔んでみたって 遅すぎる
こぼれるため息 あなたの夢も
今ならわかって やれるのに
あれから何年 過ぎたでしょうか
心がいつも 寒いままです

何度か恋して みたけれど
そのたびあなたと くらべてる
思い出ばかりの この町今も
なぜだか離れて 暮らせない
別れて何年 過ぎたでしょうか
心に風が 吹いたままです


北野まち子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
北野まち子「ひとり止り木」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ