恋ざんげ 伍代夏子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

伍代夏子
公式サイト
恋ざんげ  ♪  伍代夏子
作詞 : 吉岡治
作曲 : 猪俣公章

あれは七月 蝉しぐれ
瀬音したたる いで湯宿
ふたり渡った あの橋は
女と男の 紅(あか)い橋

あゝシュルル シュルル シュルル
明かりをつけても 暗すぎる
あゝシュルル シュルル シュルル
淋しさばかりが 群(むら)がって
夜更けのテレビは 蝉しぐれ

いまは三月 風の笛
みぞれ窓うつ 港宿
砂に埋(うも)れた あの難破船(ふね)は
思い出ばかりの 恋ざんげ

あゝシュルル シュルル シュルル
春だというのに 寒すぎる
あゝシュルル シュルル シュルル
海峡こぎだす 櫂(かい)もなく
夜更けのテレビに 雪が舞う

あゝシュルル シュルル シュルル
手酌(てじゃく)のお酒は 酔いすぎる
あゝシュルル シュルル シュルル
帯とく音さえ せつなくて
夜更けに泣いてる 恋ざんげ


伍代夏子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
伍代夏子「恋ざんげ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ