501号室 - 溝渕文の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

501号室  ♪  溝渕文
作詞 : Aya Mizobuchi
作曲 : Aya Mizobuchi

命の火
消えかけた 愛しい人
戻ってきて
彼は言った

「目が覚めた時 病室を染めた夕焼けの美しさよ!」

ああ 何で いつも
忘れてしまうのだろう
こんな毎日も いつか終わるってこと
もう地上にいない 天に伝えたい
鳴り止まないメロディー

ひとりきり
あなたによく手を引かれ歩いた
河原の道

今手には 話したかった言葉たちが
こぼれそうで

ああ 今 どうか
あなたに聴いてほしい
「がんばれよ」と遺し
空に吸い込まれた

手は届かなくても
つながれるはず
つらぬけメロディー

ああ 何で いつも
忘れてしまうのだろう
こんな毎日も いつか終わるってこと
もう地上にいない 天に伝えたい
鳴り止まないメロディー
鳴り止まないメロディー


ミニ情報
アルバム「ボトルメール」収録曲
溝渕文の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
501号室/溝渕文の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ