君が僕にくれたもの - HYの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

君が僕にくれたもの  ♪  HY
作詞 : 新里英之
作曲 : 新里英之

自分で自分を決め付けていた その先を知る事もなく
籠の中の鳥はいつしか飛ぶことも忘れてく
僕の前で今流れて行く 景色は前?後ろなのか
チクタクチクタク時は チクチク胸を刺してくる

情けないね 君一人も
幸せにしてあげられない 男だけど
いつかきっと太陽になって君を包むから

君が僕にくれたもの その言葉に僕は
自分を信じて行こうと決めたんだ
僕の中に芽生えた 愛と夢の花を
君が踏み出す先 一面に

灰色に染まった世界を 君が色をつけ始める
一つではない色んな色の 空の青
涙をこらえる時は いつも君の姿を思い出す
僕はまだ歩いて行けるよね

変わらず ずっと太陽のように 君を見守り続けるよ

何が僕を そう焦らすのか
君を待つ風に身を任せるように
翼広げ 思い描くのさ 高く飛べるはず どこまでも

君が僕にくれたもの 温かな微笑みで
僕の夜が明け始めて行く
降りそそいだ光を 体中で集めて
君が見つめる 未来に

いつの間にか 気付けば こんな遠いとこまで来たんだね
振り向いた二人の目に 飛び込んだものは
優しい光 埋めつくした花 空には虹 君と僕
あの花の事 覚えてる?

君が僕にくれたもの


ミニ情報
アルバム「Route29」収録曲
HYの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
君が僕にくれたもの/HYの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ