音無橋から 青木美保 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

音無橋から  ♪  青木美保
作詞 : 石原信一
作曲 : 弦哲也

音無橋に 初雪が
薄く積もって 日が暮れて
あなたの差し出す 傘がうれしいの
ばかね ばかね わたしって
急に泣くなんて
小さなしあわせ みつけたばかり
夢ならば 夢ならば さめないで

音無橋に 佇めば
路面電車が 坂道を
カタコト行きます 飛鳥山あたり
嫌ね 嫌ね わたしって
古い傷がある
過去(むかし)があるから 逢えたんだよと
抱きしめて 抱きしめて 弱虫を

音無橋の たもとには
灯りゆれます ほのぼのと
哀しい荷物は ここで降ろせよと
駄目ね 駄目ね わたしって
いつも遠回り
この橋ふたりで 渡れば春が
来るのです 来るのです 今度こそ


青木美保の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
青木美保「音無橋から」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ