さよならの季節 ステレオポニー 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ステレオポニー
公式サイト
さよならの季節  ♪  ステレオポニー
作詞 : AIMI
作曲 : AIMI

しわくちゃのシャツ
少し汚れている

グラウンドから
声が聞こえてきたけれど

あなたはずっと
涙こらえているの?

わかってるから
もう友達のほうへ行って

卒業までは
きっと見かけるのにね?

付き合っていた頃に
戻れることはないけど

さよなら秋の風
うつむくだけのふたり

お互いの道をゆくって
決めたから

さよなら優しくて
こんなに大切なひと

邪魔はできないと思った
もう行かなくちゃね

たまに会おうよと
嘘にくやしくなる

たぶん言えないあなたに
気づいているから

卒業までに
自分なりの生き方を

見つけなくちゃね
忘れることはないから

さよなら秋の風
冷たい季節になる

街がざわめき始める
それなのに

さよなら優しくて
こんなに側にいて

何も出来ないままだよ

想い出が全部 笑顔
好きだった時間ごと

必ず いつか ひとり苦しくなるのに

さよなら秋の風
うつむくだけのふたり

春を待てないままそっと
歩き出す

並木道
振り向かない


ミニ情報
アルバム「BEST of STEREOPONY」収録曲
ステレオポニーの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ステレオポニー「さよならの季節」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ