春 - 樋口了一の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

春-樋口了一
Jword 樋口了一
公式サイト
 ♪  樋口了一
作詞 : 樋口了一
作曲 : 樋口了一

突然の風に帽子を飛ばされた朝 生まれて初めての季節に出会う
幾度となく繰り返して来た おおらかな息吹が
僕の人生の第二幕の始まりを静かに告げる

暗い大地に朽ち果てた果実の中で今目覚める揺るぎない光

春が来る僕らに春が来る
砂埃巻き上げる風とともに
春が来る僕らに春が来る
悲しみの季節を越えて

誰より自分が一番大切だった頃 とっておきの夢は何より輝いていた
けれど夢という名前で呼んでいたものがいつの間にか
なんてちっぽけなつまらない自分のプライドに変わったんだろう

全て失い絶望に打ちのめされそして君は目覚める本当の夢に

春が来る君にも春が来る
巡りくる季節は誰一人置き去りにしない
春が来る君にも春が来る
たとえ今君が泣いていようと

いつか最後の冬に体を横たえるとき僕はきっと感じるだろう
いつかまた君に出会う時を

春が来る僕らに春が来る
砂埃巻き上げる風とともに
春が来る僕らに春が来る
悲しみの季節を越えて

巡り行く命を連れて


ミニ情報
アルバム「了〜はじまりの風〜」収録曲
樋口了一の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
のぞみ
1,000kmの夏
風一途
咲ける花
桜の森
手紙〜親愛なる子供たちへ〜
春/樋口了一の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ