口笛の彼方に - 里見浩太朗の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

口笛の彼方に-里見浩太朗
口笛の彼方に  ♪  里見浩太朗
作詞 : 荒木とよひさ
作曲 : 弦哲也

口笛は幼き頃の 我が心の友よ
夕焼けに腰かけて ひとり青春(ゆめ)を手繰(たぐ)れば
熱き胸 思うまま 風に遊ばせ
茜雲 追いかける 遠き日の旅人よ
嗚呼 生きることが いま見えてきても
淋しさを肩に 宿しても
人生まだ秋半(なか)ば いまもいまも いまも少年のままで

口笛の細き音色(ねいろ)は 我が心の歌よ
谺(こだま)する追憶(おもいで)に 時の早さ知るけど
淡き恋 人しれず 秋桜(はな)をゆらせて
草枕 目を閉じる 遠き日の旅人よ
嗚呼 生きることが いま見えてきても
切なさを懐(むね)に かかえても
人生まだ秋半ば いまもいまも いまも少年のままで

嗚呼 生きることが いま見えてきても
淋しさを肩に 宿しても
人生まだ秋半ば いまもいまも いまも少年のままで


里見浩太朗の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
母を慕いて
ホテル サンタ・ローザ
男の駅舎〜セリフ入りスペシャルバージョン〜
涙して笑って候
流星〜いにしえの夜空へ〜
飲むほどに 酔うほどに
愛あればこそ
稲むらの火 -濱口梧陵小傅より-
ふたりの旅路
口笛の彼方に/里見浩太朗の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ