口笛の彼方に 里見浩太朗 歌詞ナビ


歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 検索
amazon検索

口笛の彼方に

 ♪ 

里見浩太朗

作詞 : 荒木とよひさ
作曲 : 弦哲也

口笛は幼き頃の 我が心の友よ
夕焼けに腰かけて ひとり青春(ゆめ)を手繰(たぐ)れば
熱き胸 思うまま 風に遊ばせ
茜雲 追いかける 遠き日の旅人よ
嗚呼 生きることが いま見えてきても
淋しさを肩に 宿しても
人生まだ秋半(なか)ば いまもいまも いまも少年のままで

口笛の細き音色(ねいろ)は 我が心の歌よ
谺(こだま)する追憶(おもいで)に 時の早さ知るけど
淡き恋 人しれず 秋桜(はな)をゆらせて
草枕 目を閉じる 遠き日の旅人よ
嗚呼 生きることが いま見えてきても
切なさを懐(むね)に かかえても
人生まだ秋半ば いまもいまも いまも少年のままで

嗚呼 生きることが いま見えてきても
淋しさを肩に 宿しても
人生まだ秋半ば いまもいまも いまも少年のままで


里見浩太朗「口笛の彼方に」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

里見浩太朗の新着情報

母を慕いて人生の終り 少しは見えて
ホテル サンタ・ローザ波打ち際を 走る少年 遠い自分に
男の駅舎〜セリフ入りスペシャルバージョン〜遠い昔のことさ
口笛の彼方に口笛は幼き頃の 我が心の友よ
涙して笑って候あゝ 涙して涙して… 男は大きく
流星〜いにしえの夜空へ〜生きてきた証(あか)しを
飲むほどに 酔うほどに独りでぐらりと 酔ったとき
愛あればこそ雨が地上を うるおして
稲むらの火 -濱口梧陵小傅より-これは、小泉八雲が
ふたりの旅路北国行きの 始発に乗れば

▶里見浩太朗の新着一覧

里見浩太朗の人気情報

1位 母を慕いて人生の終り 少しは見えて
2位 ホテル サンタ・ローザ波打ち際を 走る少年 遠い自分に
3位 男の駅舎〜セリフ入りスペシャルバージョン〜遠い昔のことさ
4位 口笛の彼方に口笛は幼き頃の 我が心の友よ
5位 涙して笑って候あゝ 涙して涙して… 男は大きく

▶里見浩太朗の人気一覧
スマートフォンページで見る⇒

最新注目曲

Real Face#2
KAT-TUN
君のAchoo!
シュークリームロケッツ
Fall
Superfly
ファティマ
いとうかなこ
FUNtastic
KAT-TUN
幸せって。
Crystal Kay
Sweet Birthday
KAT-TUN
Ask yourself
KAT-TUN
わたしはわたしのためのわたしでありたい
ヒグチアイ
The way
KAT-TUN(中丸雄一)
春よ来い
田川寿美
アイラブユー
西野カナ
友だち
西野カナ
零 -ZERO-
福山雅治
Party Maker
超特急
Take Me Under
MAN WITH A MISSION
Wonderful World
KAT-TUN(亀梨和也)
傷だらけの僕ら
NormCore

島津亜矢
アマハル
Dream Ami

TOPページ新着情報歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
(C)歌詞ナビ