涙して笑って候 里見浩太朗 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

涙して笑って候  ♪  里見浩太朗
作詞 : 荒木とよひさ
作曲 : 弦哲也

あゝ 涙して涙して…
男は大きく 大きく笑え
下には情(なさけ) 上には喧嘩
男が見惚れるそんな奴
頑固でいいのさ 無口でいいのさ
秤(はかり)にかけてる 生きざまよりも
涙して涙して… 心の井戸を汲み上げて
あゝ 涙して涙して… 男は大きく 大きく笑え

悲しくって泣くのは ただの雨だれさ
切なくって… 切なくって…
どうしようもなく切なくって こぼれだす
それが男の涙じゃないか…
そうだろう…

あゝ 涙して涙して…
男はカラッと カラッと笑え
腹には根っ子 背中に空を
樅(もみ)の木みたいなそんな奴
裸でいいのさ 素足でいいのさ
風呂敷広げる 世渡りよりも
涙して涙して… 心の傘がやぶけても
あゝ 涙して涙して… 男はカラッと カラッと笑え


里見浩太朗「涙して笑って候」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
里見浩太朗の人気曲 この歌手の人気曲一覧

ふたりの旅路♪北国行きの 始発に乗れば
母を慕いて♪人生の終り 少しは見えて
稲むらの火 -濱口梧陵小傅より-♪これは、小泉八雲が 感銘を受けて
愛あればこそ♪雨が地上を うるおして
口笛の彼方に♪口笛は幼き頃の 我が心の友よ
ホテル サンタ・ローザ♪波打ち際を 走る少年 遠い自分に
流星〜いにしえの夜空へ〜♪生きてきた証(あか)しを
涙して笑って候♪あゝ 涙して涙して… 男は大きく
男の駅舎〜セリフ入りスペシャルバージョン〜♪遠い昔のことさ 今でもはっきり覚えているよ
飲むほどに 酔うほどに♪独りでぐらりと 酔ったとき

里見浩太朗の新曲 この歌手の新曲一覧

母を慕いて♪人生の終り 少しは見えて
ホテル サンタ・ローザ♪波打ち際を 走る少年 遠い自分に
男の駅舎〜セリフ入りスペシャルバージョン〜♪遠い昔のことさ 今でもはっきり覚えているよ
口笛の彼方に♪口笛は幼き頃の 我が心の友よ
涙して笑って候♪あゝ 涙して涙して… 男は大きく
流星〜いにしえの夜空へ〜♪生きてきた証(あか)しを
飲むほどに 酔うほどに♪独りでぐらりと 酔ったとき
愛あればこそ♪雨が地上を うるおして
稲むらの火 -濱口梧陵小傅より-♪これは、小泉八雲が 感銘を受けて
ふたりの旅路♪北国行きの 始発に乗れば

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ