風を連れて - 沢田知可子の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

沢田知可子
公式サイト
風を連れて  ♪  沢田知可子
作詞 : 純花
作曲 : 純花

蒼く月が光れば 眠りかけた町並み
ガラス窓に映った それぞれの今日
哀しみも痛みも いつの間にかほどけて
こぼれた涙の分 優しくなれる
あの人の言葉が 今になって
心で響いた 風のように

独りでいる事も 時に悪くもないわ
誰も知らないはずの 私に会える
きっともうそこまで 彩る朝は来てる
両手を差し伸ばせば 届きそうなの
いつか見てた夢が つぼみのまま
心で騒いだ 風よ変われ

哀しみも痛みも いつの間にかほどけて
こぼれた涙の分 優しくなれる
あの人の言葉が 今になって
心の岸辺で 騒ぎ始める

そよぐようにさらさら 生きてゆきたい
一縷(いちる)の光と風を連れて、、、、、


ミニ情報
NHKみんなのうた
アルバム「Adagio」収録曲
沢田知可子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
風を連れて/沢田知可子の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ