冷めゆく熱 - GRANRODEOの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

GRANRODEO
公式サイト
冷めゆく熱  ♪  GRANRODEO
作詞 : 谷山紀章
作曲 : 飯塚昌明

ありのままの世界を憂う手の冷たさは
苦笑いの温もりと秤にかけて整った

君が笑い僕に触れ明日を知らず止めた指
青空に見た祈りと覆い隠すような願いと

帰る場所など既に失くしているのはもう知ってるんだって
いつも何度繰り返しただろう
掴んだと思えた確信も泡か骨かのように消えてった
痛みを覚えた

戸惑いつつ降る雨を見る君の目に戸惑う
どんな言葉や涙も当てにならない未来さ

掴む腕 残る傷 噛み締めた肩の味
死ぬまで慈しむだけ 生きながら爛れるだけ

嘘と誠の是非を分かって それがどうしたんだと悟って
そうさいたって当たり前の事だろう
水がただ流れ落ちるように何も情緒抱いちゃいないさ
目を閉じるよ

帰る場所など既に失くしているのはもう知ってるんだって
いつも何度繰り返しただろう
掴んだと思えた確信も泡か骨かのように消えて

偶然を重ね巡り逢って必然のように去っていった
そうさいたって当たり前の事だろう
雑念と戯れるようになって受け入れた恍惚の美談が
僕を汚すよ
痛みは忘れた


ミニ情報
アルバム「CRACK STAR FLASH」収録曲
GRANRODEOの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
冷めゆく熱/GRANRODEOの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ