うつくしい世界 - nano.RIPEの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

nano.RIPE
公式サイト
うつくしい世界  ♪  nano.RIPE
作詞 : きみコ
作曲 : 佐々木淳

寝っ転がったきみはちょっと拗ねたまま
夏になった空をキッと睨んでた
ぎゅっと結んだ口にそっと吹く風は
ちょっと湿った梅雨をずっと乗せたまま

東から昇る月が東へと戻るうちに
満たしたらいつもみたいにくしゃくしゃに笑ってみせて

なにもかもがきみによって変わるほど
なにもかもがきみを待って回るから
急ぎ足で歩いてきたぼくの元に
息を止めて見つめてたい今がある

もっと近くでもっと聞かせてほしいだけ
泣いて笑ったきみをもっと見たいだけ
夜になって朝になった空の色
瞳に映ったその世界を覗かせて

うつくし いつくし

世界が回るその速度に逆らい続けていられたら
取り残されてしまうといいな ふたり落ちるように

なにもかもがきみにとってウソならば
なにもかもがぼくにとってウソになる
世界がまるで夢のように消えてしまえば
きみは一層色付いてキレイになるでしょう


ミニ情報
アルバム「プラスとマイナスのしくみ」収録曲
nano.RIPEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
うつくしい世界/nano.RIPEの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ