架空線 nano.RIPE 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

nano.RIPE
公式サイト
架空線  ♪  nano.RIPE
作詞 : きみコ
作曲 : 佐々木淳

きみが笑う頃にあたしの傷は癒えるだろう
ゆっくりと繋がる ほどけるくらいに柔らかく

とめどなく溢れる脆いコトバ 吐き出したきみに尋ねる

怖かった?もう何度逃げ出したふりをして動けずにいたの?
あたしの声が聴こえる距離から手を伸ばして 不確かなものをあげよう

夢を語れるほど清くも優しくもないけど
きみが泣けるくらいココロに隙間は作っとこう

近付けばいつしか鏡になる 右の手は左手に触れる

失ったものなんて投げ出した日々だって悪くはないでしょう?
正しいものを欲しがるあまりに削れて見えたココロの深くへおいで

きみが笑うほどに空は青く晴れる
ありふれた喩えがこんなにもステキだ
もっと単純でずっと簡単なことだと教えられたの

探していたものがなにかわからなくて だけどずっと探していたなにかを
ココで見つけた それは思うほどキレイじゃなくて 故にキレイだ

怖かった?もう何度逃げ出したふりをして動けずにいたの?
あたしの声が聴こえる距離から手を伸ばして 不確かなものをあげる


ミニ情報
アルバム「プラスとマイナスのしくみ」収録曲
nano.RIPEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
nano.RIPE「架空線」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ