1977 - GUILD9の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

1977  ♪  GUILD9
作詞 : 世良公則
作曲 : 世良公則

はじめて覚えた“C”のコード
それはもうひどい響きだった
それでもなぜか 不思議なくらい
誇らしかった

眠る時間も忘れるほど
心がざわめいたあの夜
終わることのない この冒険の旅は 始まっていたんだ OH!

1968…あの時から なんにも変わってないんだな
1968…あの時のオレが 遠く未来から手を振ってる

いつだって 自由だけは
味方だと信じてた
「なぜ?」だなんて
疑うことさえしないまま

前に進むこと諦めたとき
そこが冒険の終点なんだと
心の針が 指し示した方角(ほう)へ ただ、がむしゃらに OH!

1977…あの時の 自分を信じていたいんだな
1977…確かに聞こえた 心が「yes!」と叫んでた!

忘れない あの日オレを送り出した
アイツの顔
その時、はじめて
夢を背負う重さに気がついた OH!

1977…“ひかり”の中に延びる 永い永い道
1977…あの時のオレが 遠く未来から手を振ってる


ミニ情報
アルバム「the ultimate WE ARE GUILD9」収録曲
GUILD9の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
1977/GUILD9の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ