美しい月 - GUILD9の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

美しい月  ♪  GUILD9
作詞 : 世良公則
作曲 : 世良公則

すれ違う人の流れに 押し戻されながら
いったい何処へボクは たどり着くんだろう
暮れて行く この街はただ騒がしい…

にぎやかなほど、なぜか寂しくて 立ち尽くしてしまう
ぶつかる肩に痛みもなくて
震える口元だけが歪んでる

泣き出しそうな心、だきしめて あてのないトキメキ求め、
漂流(ただよ)う、幾万の孤独
思わず声をかけて ふりむいた背中は 昨日の自分
言葉もなく ただ見送った

迷い込んだ日常に 置き忘れた夢を
探しに行こう 君に出会えたから
つないだこの手 ただひとつ確かなもの

泣き出しそうな心、分け合って この夜を渡って行こう
きっと、躊躇(ためら)わないで
二人、目指した明日は遠くても やわらかな明かりに満ちて
見上げれば 美しい月…

泣き出しそうな心、閉じ込めて「強さ」という「弱さ」に負けず
未来(まえ)だけを 見つめていよう‥
動き出した心、そのままに 願いが届くようにと祈る
見上げれば 美しい月…

Oh, Beautiful Moon
Oh, Beautiful Moon…


ミニ情報
アルバム「the ultimate WE ARE GUILD9」収録曲
GUILD9の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
美しい月/GUILD9の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ