光の月 NIKIIE 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

NIKIIE
公式サイト
光の月  ♪  NIKIIE
作詞 : NIKIIE
作曲 : NIKIIE

気づけばこんなに遠くまで来ていた
一人見えぬまま
泣いても透き通ることなどなかった
あなたに会うまで

誰にも見られたくないことも
誰にも言えないことも
あなた頷いた

裸足のまま心の中あがりこんで
ずるいよ
月明かりのようなあなた
拒めない私

孤独の影と戦うくらいならば
慣れたはずなのに
一度でも誰かに優しくされたなら
寂しくなるから

終わりが無いようにと願った
こんなに穏やかなのは
あなたのせいよ

裸足のまま心の中
かき乱して欲しいよ
今ならまだ引き返せる
それなのに

裸足のまま心の中
あがりこんでみたいよ
月明かりに手を伸ばした
拒まないあなた


ミニ情報
アルバム「CHROMATOGRAPHY」収録曲
NIKIIEの新着歌詞を見る⇒
NIKIIEの人気歌詞を見る⇒
NIKIIE「光の月」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ