あっという間の少女 - SKE48(公演頑張った組)の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

あっという間の少女-SKE48(公演頑張った組)
あっという間の少女  ♪  SKE48(公演頑張った組)
作詞 : 秋元康
作曲 : 吉富小百合

風が木の枝を揺らし
枯葉たちが舞い始めたら
街はカーディガンを着るように
冬が静かに近づいて来る

バスの停留所で
君を待っていても
沈む夕陽が
早くなって来て
切ないよ

あっという間に少女は
大人びて
少し薄暗い道
走って来る
ずっと 束ねたその髪
ほどいてたから
昨日と違う
見たことない
オーラだった

冬の制服と気持ちは
どこで着替えればいいのだろう
衣替えなんて先だけど
地面からそう
冷えて来るよ

バスのテールランプを
僕はやり過ごして
部活帰りの
君を待っていた
会いたくて…

あっという間に少女は
美しく
2人 同級生と
思えないよ
同じ中学の頃には
みんなのように
冗談言って
ごく普通の
君だったのに…

あっという間に少女は
輝いて
今の帰り道では
眩しすぎる
僕の声も聴こえない
遠い場所へと
君は1人で
大人の国
行ってしまうの?


SKE48(公演頑張った組)の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
円を描く
オレトク
永遠のレガシー
夢の階段を上れ!
意外にマンゴー
パーティーには行きたくない
奇跡の流星群
Vacancy
愛のために何を捨てる?
今の私じゃダメなんだ
あっという間の少女/SKE48(公演頑張った組)の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ