古い教会 - 中島卓偉 × Fried Prideの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

古い教会  ♪  中島卓偉 × Fried Pride
作詞 : 中島卓偉
作曲 : 中島卓偉

古い教会で賛美歌を聴くのが好きだった
古い教会の錆びた扉はきちんと閉まらなくて
冬の隙間風が入ってきてコートが脱げなかった
聴き入ってる間はそんなことも忘れてしまうのだけど

古い教会で小さな結婚式があった
笑う顔が寂しげな花嫁は 春色のブーケを妹に投げた
このパイプオルガンは誰が弾いているんだろう?
聴き入ってる間だけは孤独が和らいで行くのだけど

何の為に生まれてきて 何の為に生きてるんだろう
レンガの向こう 沈んでゆく夕日に問いかけて

古い教会のステンドガラスはひどく埃をかぶり
真夏の日射しも届かないから 誰もが涼みに訪れてた
さっきからこっちばかり見てる男の子と目が合った
ポケットからガムをそっと差し出すと
「ミントのガムは苦手さ」と言って 席を立ってしまったけれど

何を信じ 誰を愛し 何処へ向かえばいいんだろう
レンガの向こう 逃げてゆく夕日に笑われて

時が過ぎて 古い教会が壊される日が来た
ブルドーザーは枯れ葉と一緒に年老いたレンガをたいらげた
今日この町に17時の鐘が初めて鳴らなかった
教会が壊されてくのを見て町中の人は泣いた
いつの日かこの場所に教会があったことすら
誰もがみんな忘れてしまうのだけど…


ミニ情報
アルバム「アコギタクイ−共鳴新動−」収録曲
中島卓偉 × Fried Prideの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
古い教会/中島卓偉 × Fried Prideの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ