ただそれだけの風景 スキマスイッチ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

スキマスイッチ
公式サイト
ただそれだけの風景  ♪  スキマスイッチ
作詞 : スキマスイッチ
作曲 : スキマスイッチ

桜並木道で僕はうつむいている
通りを行き交う人は上を向いて歩く
どうしていつもこうなんだろう

強い雨が僕を襲っても 花びらに埋もれてしまっても
ランドセルに押しつぶされても 首を伸ばしつづけてんだよ

いつか遠くへ風が運んだならば
ここから見えるあこがれのあの公園へ

桜並木道でふとしたことに気づく
靴紐を直す君がこっちを向いている
僕のそばには来なかったけど

些細な事で楽しさを知り 生き甲斐をみつけたんだ
これがきっと出会いってヤツだろう 明日もここを通るかな

いつか遠くへ風が運んだならば
ここから見えるあこがれのあの子の家へ

思えば僕の脳みそってのは 単純なもんだなあ
ほんのちょっとのきっかけで 毎日が楽しくなってるよ
でも誰だってそうなんだそうなんだ本当は
すべてモノの見方次第だって、忘れてんだろう

そして僕を遠くへ風が運んだならば
ここから見えるあこがれのあの子の家へ
「どうか遠くへ」風に願いを込めて
ここから見えるあこがれのあの子のもとへ

桜並木道にタンポポが咲いている
通りを行き交う人は上を向いて歩く
ただそれだけのことさ


ミニ情報
アルバム「DOUBLES BEST」収録曲
スキマスイッチの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
スキマスイッチ「ただそれだけの風景」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ