SCANDAL - 168 -one sixty eight-の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

SCANDAL-168 -one sixty eight-
SCANDAL  ♪  168 -one sixty eight-
作詞 : 葵
作曲 : 渡辺拓也

いくら呑んでも酔わないから 君は僕に「不平等」と嘆いて lady
グラスの中の氷のように 魔法がほら トケる前に 理性 飲み干して

「ふたりのひみつだよ」艶かしい君に
くちづけしたら もう 言葉は要らない

どうなってもいい 全て失うほど スキャンダラスな夜に ときめいて
TVの中で ちやほやされてた 清楚な君を 汚してしまいたい
求めて はら 瞳 濡らして

山手通り 人目憚って 逃げるように 飛び乗ったタクシーの中で
何度も くちづけ する僕らを
バックミラー 見てるドライバー 魅せてあげよう

“ふたりの事実だよ”朝が来るまでLovers
部屋のドア 開けたら 抱きしめ離さない

誰も知らない 君を見せてくれよ グラマラスな曲線 指這わせ
ひとつ ひとつ と ボタンを外して ゆっくり君を 焦らしてあげる
求めて ほら 身体 濡らして

どうなってもいい 全て脱ぎ捨てたら スキャンダラスな夜に 踊りましょう
壊れるくらい 激しいリズムで 君の奥まで 汚してしまいたい

何回も 何回も 繰り返して 快感に 快感に 溺れ続けよう
難解な 難解な 世界だけど 僕らだって そう ただの獣さ
求めて ほら 腰を 揺らして


168 -one sixty eight-の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
必要惡
雪のシャワー
スピカ
秘すれば花
蜃気楼
requiem
BURN
サヨナラセカイ
Dancin' Viper
雪月花
SCANDAL/168 -one sixty eight-の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ