氷の墓標 - Dの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

氷の墓標  ♪  D
作詞 : ASAGI
作曲 : Ruiza

星のない夜に光る
流線を描いて行く二人の残像

競うように風を切る
行く先も告げず走り続け

辿り着いた地 凍える森の中を歩く
君に逢わせたい人がいると連れ出され

樹氷の門は開かれて向かい合う
我が御母(みおも)は美しいままに眠る
今にも目覚めそうで その唇はそっと微笑みかけてくれる気がした

君の父の遺言だった 時が来たら話す約束を

月が消えそうなあの日
君の誕生と引き換えに

震える手で小さな命を抱いた後に
永遠へと発った 変わらぬ姿が君を待つ

樹氷の門は開かれて向かい合う
我が御母(みおも)は美しいままに眠る
今にも目覚めそうで その唇はそっと微笑みかけてくれるような

夢の中で何度見たことだろう
霧が包みどうしても思い出せず
微かなぬくもりだけ忘れることは決してなかった それが愛と今知る

そうまるで白き薔薇のよう


ミニ情報
アルバム「D Vampire Chronicle 〜V-Best Selection〜」収録曲
Dの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
氷の墓標/Dの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ