飽和 - 小林太郎の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

小林太郎
公式サイト
飽和  ♪  小林太郎
作詞 : 小林太郎
作曲 : 小林太郎

形状記憶型毎日です
どんな負荷にも耐えては戻ります
折れることはない 折れることはない
ただ嵌まりすぎて抜け出せない

繰り返しといえば恋愛です
どんなモノも一瞥 頂きます
飽きることはない 飽きることはない
でもハマれそうにない

目に映るもっと綺麗な色を掻き集めたい
この旅はどんな笑顔を作って僕を騙すのかな
蒼く聳え立ったドアを蹴破りたい
青でない空の色を見たい
通れない道はない
そんなものは無い

怠情記録型毎日です
夢がないと嘆いては遊びます
消えることはない 消えることはない
消そうにもモノが何処にも失い

それでもこのままじゃ落第です
自分の価値を今こそ知りたいんです
頭から爪先まで値札を付けて生きてるみたい

唯 純粋にもっと綺麗な風を手に集めたい
この旅はどんな免罪符でその場凌ぎできるかな
蒼く聳え立ったドアの内側で
青でない空を描くなら
君なら何を描く?
その指先で

もうどうにもできないような妄想、迷想の類いを
この空へ押し上げるように
もうどうにもならないような僕を、君を
飽き足らず抱きしめよう

目に映るもっと綺麗な色を掻き集めたい
この旅はどんな笑顔を作って僕を騙すのかな
蒼く聳え立ったドアを蹴破りたい
青でない空の色を見たい
通れない道はない

目に映るもっと綺麗な色を掻き集めたい
この旅はどんな僕らを作って道を照らすのかな
蒼く聳え立ったドアを蹴破りたい
青でない空の色を見たい
通れない道はない
そんなものは無い

蒼く聳え立ったドアを蹴破りたい
青でない空の色を見たい
通れない道はない
そんなものは無い


ミニ情報
アルバム「MILESTONE」収録曲
小林太郎の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
飽和/小林太郎の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ