ANIMAL 動物 tacica 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

tacica
公式サイト
ANIMAL 動物  ♪  tacica
作詞 : 猪狩翔一
作曲 : 猪狩翔一

限りない日々の逃走劇
有り余る人生とは良くぞ云った
風当たりにも堪えない顔で
繋がれたまま動けないですか?

立ち向かう振りの妄想癖
かなり上手な奴等と語り合って
諦めで観る夢もない夜に
縛られたから動けない

自分に良く似た動物を
思い出して満足げ
肺も心臓みたいに脈打つ
もう分かり切った生命に別れを

遠回り
追い越して欲しかった
僕だけの居場所は無いからさ
帰り道が哀しくたって当然だった
動物と呼べる程
動く訳でもない僕等と
その生活は温い太陽だけで
又 間違えて仕舞える

勝ち目ない日々の延長戦
棚に上げただけ
胸を撫で下ろして
褒められる迄 動けないから
暫くは未だ動けない

自分に良く似た動物も
この未来に退屈で
あの自分さえ偉大に見えたら
もう分かり切った生命に別れを

遠吠えが喜び合う空の下
僕だけが声を枯らした事
分かっているんだけど
まだ止めようとしない
どうか日を改めてと云うなら
始めから無い事にして欲しい
何だって出来るのなら
何だって終われるのに

遠回り
追い越して欲しかった
僕だけの居場所は無いからさ
帰り道は哀しくたって当然だった
動物と呼べる程
動く訳でもない僕等も
その生活も
何だって出来る事を
又 間違えて覚えるよ


ミニ情報
アルバム「jibun」収録曲
tacicaの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
tacica「ANIMAL 動物」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ