自転車 aiko 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

aiko
公式サイト
自転車  ♪  aiko
作詞 : AIKO
作曲 : AIKO

さっき小さな音が聞こえた 外はまだきっと寒い
朝の白い空を見上げて ゆっくりあなたを想う

気持ちは昨日今日毎日変わって行く
明日あなたはあたしの事をどう思っていてくれるだろう

とても冷たい風の中も 暑い暑い日射しの下も
あなたを温め あたしを冷ます
右手と左手はここにあった

思い出したよ理由もなくただ 好きになっただけのあの日を

巻き忘れて止まったままの腕時計
そこには少し昔の二人がまだいる様な気がして

心の中にポツンとあった 優しい気持ちに背中を向けて
あなたの右手 振り解いた
こんな自分をいつ許せるだろう

明日あなたはあたしの事をどう思っていてくれるだろう
両手を挙げて笑って返す 空がとても眩しい

あなたが決めたさようならは 当分あたしを苦しめるかも
知らない明日がやって来る事 こんなにも辛いなんて
長い坂を自転車こいでまたあなたがやって来そうで
こんなに好きな人に逢えた事は とても大きな出来事


ミニ情報
アルバム「時のシルエット」収録曲
aikoの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
aiko「自転車」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ