君色花火 - 佐香智久の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

佐香智久
公式サイト
君色花火  ♪  佐香智久
作詞 : Tomohisa Sako
作曲 : Tomohisa Sako

ざわつくセミの音が少しまだ残る夕暮れ
離れないように君の手をまた握り返した

花色の君の姿があまりに眩しくて
気にしてないふりで視線を
そらしてしまったんだ

火照った僕の頬に優しく触れる夏の風
熱を帯びたこの想いを
あの夜空に今打ち上げるんだ

伝えたいよこの思いも
夜空に打ち上がったのは
はじけてしまいそうな
僕のハートみたいだ
忘れないよずっとずっと
僕の瞳に焼き付けた
夏色の光と
他でもない君のその笑顔

大きな花が打ち上がるその音に紛れて
こぼれてしまった言の葉はかき消されてしまう
まるでこの世界に僕ら二人だけみたいな
肩が触れそうなこの距離に息がとまりそうだ

君がくれた一瞬はどんな願いよりも強く
輝く光になって僕の世界をずっと照らすんだ

僕の願いは七色の
光に紛れ打ち上がる
永遠の愛だって
信じてしまいそうだ
空を越えて響き渡れ
消えないように咲き誇れ
今この瞬間に
僕たちがいた証のように

いくら時が過ぎたって
この季節が来る度に
繋いだ手の温もりを
君の声を思い出すよ

伝えたいよこの思いも
夜空に打ち上がったのは
はじけてしまいそうな
僕のハートみたいだ
忘れないよずっとずっと
僕の瞳に焼き付けた
夏色の光と
他でもない君のその笑顔


佐香智久の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
君色花火/佐香智久の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ