鏡 女王蜂 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

女王蜂
公式サイト
 ♪  女王蜂
作詞 : 薔薇園アヴ様
作曲 : 薔薇園アヴ様

ダウン ダウン ゲット エナフ スリープ
白いパフスリーブ
まとう私 ひたすらに続く花の絨毯
遮ることは何一つ許されぬ
例え全て真っ赤に血で染まったとしても

フォール ダウン フォーエバー スリープ
白いパフスリーブ
まとう私 何故だか河の上を歩いてゆくの
見送る小鳥淡い花の色と
胸騒ぎと共に足元から崩れてく

段々思い出してく 涙が溢れてゆく
段々霧がはけてく あたしだけを残して

夢が醒めれば目にあまる事ばかり
相変わらず窓を染める闇しか信用出来ないの
鏡を見つめ 「あたしを放棄したい」
言うが最後 生きて帰れない

そして

段々思い出してく 涙が溢れてゆく
段々霧がはけてく あたしだけを残して


ミニ情報
アルバム「蛇姫様」収録曲
女王蜂の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
女王蜂「鏡」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ