その昔 - 吉幾三の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

吉幾三
公式サイト
その昔  ♪  吉幾三
作詞 : 喜多條忠
作曲 : 杉本眞人

その昔 恋をしていた
二年暮らして 女(そいつ)を捨てた
冷凍みかんと甘栗を
無理矢理その手に 握らせて
故郷(いなか)へ帰す 詫びにした
俺のズルさを 咎(とが)めるように
発車のベルが 発車のベルが
鳴り響いてた

その昔 妻と別れた
子供は残して 行けよと言った
二人の子供を 両脇に
川の字になって 眠る夜
初めて俺は 気がついた
俺の勝手と わがままだけが
この子の母を この子の母を
奪い取ったと

その昔 夢を見ていた
たった一度の 人生なんだ
追いつけ追い越せ 負けるなと
団塊世代の 明け暮れに
勝つことばっかり 夢にした
戦(いくさ)終わって 夕陽が落ちりゃ
見交わす友の 見交わす友の
笑顔がつらい

見交わす友の 見交わす友の
笑顔が沁みる


吉幾三の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
その昔/吉幾三の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ